阿倍野区 天王寺区│医療法人 相愛会 相原第二病院

ごあいさつ

Greeting

理事長ごあいさつ

当院は昭和14年に西成区にて創業、戦前は西成区の他阿倍野区、南区、西区などで診療していましたが、南区日本橋、西区新町の医院は戦災にて消失、昭和24年に戦災を免れた各医院を阿倍野区に統合し、相原病院に続いて相原第二病院を開設しました。昭和30年に医療法人(社団)となり又昭和39年救急指定病院(二次救急)に指定され、現在まで年中無休24時間体制で診療にたずさわっております。昭和58年には大阪市再開発事業に協力して人工透析部門を加え、相原病院と相原第二病院を統合して275床の相原第二病院として発足(現在、198床)しました。また平成5年には、当院西隣に人工透析の相原アベノ診療所を開設(平成24年末にクオレ1階に新築移転)しております。天王寺・阿倍野地域は、キタ(梅田)ミナミ(難波・心斎橋)に次いで交通網や商業施設が発達し、便利さや環境面から居住地域として注目を集めております。発展していく街のなかで、開設当初からの理念である「地域医療に貢献できる病院」を目指し、尽力しております。当院は日進月歩の医療に対応して、患者様をはじめ地域住民の皆様に信頼していただけるよう、今後益々一層努力していくことを心掛けてまいります。

病院長ごあいさつ

当院は、大阪市内で発展のめざましい阿倍野に立地し、昭和24年から現在の場所で専門医療、救急医療を提供しております。高齢化社会の到来とともに、生活習慣病などの内科疾患や整形外科疾患などをかかえ、様々な症状に悩みをもたれている患者様が増加しております。このような患者様には個別的なケアが求められ、従来の医師を頂点としたやり方ではうまくできなくなりつつあり、チームで対応することが求められております。当院では医師単独で行うのではなく、医療関連職種(医師、看護師、理学療法士、臨床工学技士、栄養士、薬剤師、看護補助師、事務職員等)が各自の専門性を生かし、役割を分担し、チーム医療に当たっております。「安心で良質な医療」「地域医療に貢献」「誠実で丁寧な対応」「医療水準の向上」「社会貢献」を病院の基本方針として患者さまの立場にたった信頼できる医療機関であり続けるために、絶えず研鑽をつみながら職員一丸となってまい進しています。今後とも患者さまの二ーズに対応する努力を続け「この病院に来てよかった」「この病院を選んでよかった」といっていただけるよう誠実さと思いやりをもった診療を心がけていきたいと思っています。

医療法人 相愛会 相原第二病院

〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋3-12-10

TEL06-6633-3661(代表)

【診療科目】
内科 ・ 消化器内科 ・ 循環器内科 ・ 呼吸器内科 ・ 外科 ・ 整形外科 ・リハビリテーション科 ・ リウマチ科 ・ 泌尿器科 ・ 放射線科 ・ 人工透析内科



理念・基本方針ごあいさつ病院概要当院の取組み地域医療看護部初診の方へ診察時間救急外来外来担当医一覧
入院手続きについてお見舞いメールサービス内科・専門外来外科整形外科人工透析内科・相原アベノ診療所
リハビリテーション科健康診断・人間ドック 交通アクセス採用情報